豊満神社 お薦め見所(パワースポット)

ベスト 5

国指定重要文化財四脚門』(鎌倉時代末期創建・神社正門)

①重要文化財「豊満神社四脚門」(鎌倉時代末期建立)
①重要文化財「豊満神社四脚門」(鎌倉時代末期建立)
四脚門(人物)
四脚門(人物)

*鎌倉時代末期の建立と伝わる桧皮とコケラ板を交互に葺いた鎧葺、入

 母屋造りの朱塗りの門で、本柱の前後に4本の控柱があることから「四脚門」と呼ばれ、国の重要文化財にも指定される県内の代表的な四

 脚門です。

 

[四脚門前後の柵(車止め)は通常、当神社の四大大祭、及びお正月(初

 詣時)など年に数回の特別な日だけ開放となり、その日のみ門の下を

 お通り頂けます。平常時は四脚門の両サイドにある二ヵ所の小門か、

 もしくは社務所裏の駐車場側よりお参り下さい:年中24時間参拝可能]

神功皇后勝運伝説の竹藪』(四脚門出て参道左脇)

②神功皇后「勝運伝説の竹藪」
②神功皇后「勝運伝説の竹藪」

*神功皇后の一軍がこの辺りの竹で旗竿を作って朝鮮征伐のおりに持参

 したところ見事勝利を収めたという伝説から、源 頼朝公をはじめ多

 くの武将がこの竹藪の竹を好んで求めたと伝わっております。

美人の木(告白の木)』・恐竜の木』など、杜の木々

   (本殿裏杜の中)

③-1-1「美人の木(告白の木)」
③-1-1「美人の木(告白の木)」
③-1-2「美人の木(告白の木)」人物
③-1-2「美人の木(告白の木)」人物

*この『美人の木』は樹齢約三百年と伝わるムクの大木で、根の部分が

 地上から約3m程伸び上がっている珍しい木で、その美しい立姿はま

 るで女性の美脚のようだと賞されます。木肌に触れると美肌の御利益

 があるといわれ、また伸び上った根と根の間に一人づつ後向き(外向

 き)に入り、お連れ様に愛の告白をしたり、日頃の感謝を伝えたり、

 以前のことを謝ったり・・・、普段言えないことを素直に言える『告

 白の木』という別名もあります。

 境内の杜の中にはこの他に『恐竜の木』などもございます。

③-2「恐竜の木 」(これは首長竜?)
③-2「恐竜の木 」(これは首長竜?)

左 甚五郎伝説の格子』(拝殿の前後)

④左 甚五郎伝説の格子
④左 甚五郎伝説の格子

*以前は①の重要文化財の「四脚門」の両翼の小門のところに取り付け

 られていたと言われている非常に几帳面なきれいな形をした格子で、

 江戸時代の伝説の名工「左 甚五郎」の作と伝わっております。

 現在は拝殿の前後両サイドに計四枚、配置されている姿が確認できま

 す。

で採れた縁結び・恋愛成就の奇跡の自然石ハート石』

 (拝殿前)

⑤-1愛を知る川で採れた奇跡の自然石「ハート石」
⑤-1愛を知る川で採れた奇跡の自然石「ハート石」
⑤-2愛を知る川で採れた奇跡の自然石「ハート石」人物
⑤-2愛を知る川で採れた奇跡の自然石「ハート石」人物

*この石はその昔、氏子の方が愛荘町内を流れる愛知川の河原で偶然に

 も見つけられ当神社に奉納されたもので、清い心で石をさすると縁結

 び・恋愛成就等の御利益があると言われております。

*各スポットの場所がわかりにくい場合は、神社職員にお気軽にお訪ね

 下さい。

豊満神社境内の5つの幸運のアイテムを見つけ出せ!

豊満神社を訪れた際には、神社の境内にある下の5つの縁起ものを探してみて下さい。(あえてここにはヒントの画像などは載せません)

みごと見つけた人には、それぞれのご利益が得られるかも?!

 

・・・開運招福、悪霊退散など

 

・・・不老長寿、邪気祓、子授、安産、美人など

 

鹿・・・商売繁盛、福徳開運など

 

・・・平和、家内安全など

 

6つのハート(丸く一カ所に固まってある)・・・縁結び、恋愛成就

                        など

 

*ヒント:境内の各建物の上の方(お屋根付近)を探してみよう。

      どうしてもわからない場合は神社の人に聞いてみよう。

30分以内に全部見つけ出せた貴方は相当の強運の持ち主です!

 (見つけたアイテムを持ち帰ることはできません

〒529-1321 滋賀県愛知郡愛荘町豊満392

豊満神社 社務所 

☎ 0749-42-3448

FAX 0749-46-3100

E-mail  toyomitu@kme.biglobe.ne.jp