神社御参拝時の御作法について

神社に参拝する時は目上の方を訪ねる時と同様、神様に失礼にならないように行動等を心がけましょう。

服装も男性はスーツにネクタイ、女性は襟付きのそれに準じた格好(着物でも良い)を着用するなど、できる限り正装でお参りするのが望ましいでしょう。

参拝前「手水」の作法(手水舎にて)

*御神前に立つ前にまず自身の心身を清めましょう。(禊をするのと同

 じ効果)

 

①片方の手で柄杓を取り、水を受ける(すくう)。

②一方の手を水で清める。

③柄杓を持ち替え、もう一方の手も清める。

④水を一方の手に注ぐ。

⑤その手の水を口に含み口の中を清める。

  (*柄杓に直接口を付けない)

⑥口を付けた方の手をもう一度清める。

⑦柄杓を元に戻す。(手・口元をハンカチ・手拭いなどで拭う)

 

 *写真:左上~右へ、同じく2段目~3段目へ(スマホ:上~下へ)

 *クリックで拡大

参拝「拝礼」の作法(本殿・拝殿など拝礼場所にて)

①お賽銭箱にお賽銭を入れ、鈴尾を鳴らす。

②③姿勢を整え二拝(二礼)

④⑤二拍手

⑥両手を合わせ感謝の気持ち・お願い事等、祈念する。

  *この時、いっしょに唱えると良い言葉

   「祓へ給い、清め給へ。守り給い、幸はえ給へ」

⑦最後にもう一拝(一礼)

 

 *写真:左上~右へ、同じく2段目~3段目へ(スマホ:上~下へ)

 *クリックで拡大

参拝「その他」の作法(境内・参道他にて)

神様がおられる御本殿から延びる真ん中のラインは「正中」といって神様がお通りになる場所なのでそこは避け、なるべく参道の端を歩くようにいたしましょう。(お正月やお祭りの日、また団体で参拝した時など混雑している場合を除く)

参道の歩き方(巫女)
参道の歩き方(巫女)

御神域に入らせて頂く鳥居や門などがあるところでは、一旦立ち止まり一礼してから通るようにいたしましょう。帰りもここでふり返って一礼すると、なお良いでしょう。

鳥居前一礼(巫女)
鳥居前一礼(巫女)

*参拝作法は地域や神社によって若干異なる場合もあります。お参りさ

 れる神社のやり方に合わせてご参拝下さい。

〒529-1321 滋賀県愛知郡愛荘町豊満392

豊満神社 社務所 

☎ 0749-42-3448

FAX 0749-46-3100

E-mail  toyomitu@kme.biglobe.ne.jp